処理しとけば良かったと後悔!ムダ毛が原因で失恋したエピソード

処理しとけば良かったと後悔!ムダ毛が原因で失恋したエピソード
name

「毛は誰でも生えるから」と言われても悲しかった(涙)

私はとてもムダ毛が濃く昔から悩んでいました。夏は毎日のように処理しますが、冬になると肌の露出がないのでお手入れが億劫になります。

そんなある日、たまたま彼氏と急に会うことになりました。そのときは冬で、たまたまお鍋を食べにいきました。食べているとだんだん熱くなり、袖をまくったときに腕や指からチクチクと毛が生えていました。

慌てて袖を直しましたが、彼氏も私の腕をみておりどん引きされました。「毛生えてるよ」と言われ、彼の表情は唖然としていました。自分のズボラさに本当に反省しました。

彼が「毛は誰でも生えるから」といってくれ少し気持ちは落ち着きましたが、とても悲しかったです。彼を幻滅させてしまったことと自分のだらしなさがでてしまい、不甲斐なく思いました。

腕や指はよく見えるところなので手を抜いているとこんなバチがあたるんだと感じました。このことがあってから、私は脱毛サロンに通うことにしました。思い切って彼にもカミングアウトすると、彼も応援してくれ今では通年通してほぼ自分でお手入れすることがなくなりました。

今ではあのときの事件があったことで脱毛サロンにいくことができたと感謝しています。恥じをかくまえに早めに脱毛サロンにいくことをオススメします。

30歳 ジュエリーデザイナー ぽぽこ 大阪府

name

太陽の光に照らされた顔の産毛を指摘されました

20歳の時のエピソードです。当時付き合ってた彼と、ランチをしていました。天気が良くて太陽の光がとっても眩しい席に座っていました。私は顔の産毛が多いのですが、太陽の光でよりその産毛が目立って彼に見えてしまい、彼に笑われました。

私はショックで涙が出てきてしまい、それ以降その彼に会いたくなくなってしまい別れてしまいました。しっかり顔の産毛まで気を回していなかった私も私でした。けど、そんな言われ笑われるほどだとは…なんか女として恥ずかしくてかなり自信を無くしてしまいました。

彼はちょと驚くような表情で、「えっ?お前の顔すごい毛生えてるね?めちゃくちゃ見えるじゃん!」と言われました。もう何度思い出しても嫌で仕方がない思い出です。

あんなことを彼氏に言われるなんて、本当にショックでした。それからは、顔剃りをいつもしています。特に外に出る時は日の光でより産毛が目立って見えてしまうと思い、気になって仕方がありません。

おでこや頬など、しっかり剃るように気をつけています。かなりあれから自身の顔の産毛が気になってしまって、メイクの際は産毛処理の方がお化粧をするよりも時間がかかってしまいます。でもこれからもずっとそうだと思います。

35歳 主婦 いちご大福 岐阜県

name

失恋の理由が「毛の質が硬くて痛かった」から

わたしがまだ専門学生だった時のことです。元々毛深い方だったので脱毛に通っていました。しかし、まだ通って数回しか経っていない頃、同級生の彼氏ができて、まだ10代だった事もあり交際1ヶ月経たずしてホテルに行きました。

うなじや手足はもちろん、脇やアンダーのムダ毛もシェーバーでしっかり処理していきました。 毛深い方とはいえ、少なくとも自分で出来る最大限のムダ毛ケアはしておきました。その日はお互い笑顔で帰路につきました。

ところが、それ以来恋人らしいことは何もなく、メールのやり取りもそこそこにすれ違う日々が続きました。ある時、とうとう彼氏に別れを切り出されたので、思い切って何が原因か尋ねてみました。

例の一件以来、一度もそういった関係がなかったので、おそらくはわたしのムダ毛が原因だろうと感じていたからです。彼との別れは悲しかったですが、せめてわたしの何がいけなかったかだけでも知って次に活かしたかったのです。

彼がおもむろに話してくれた不満も、なるべく冷静に耳を傾けました。案の定、ムダ毛が原因でした。しかも、自分ではどうにもならないことで、「毛の質が硬くて痛かった」というのです。そして、そのような不満要素があると今後のことは考えられない、と。脱毛サロンに通っている事も話しましたが、それでも第一印象が悪かったからと拒否。

もうどうしようもありませんでした。事前に除毛クリームも使用していたのですが。

その後、交際中に通っていた脱毛サロンの期間を終え、ムダ毛は並み以上に薄くなりました。現在のパートナーとも問題なく過ごしています。テキストテキストテキストテキスト

(22歳 OL るい 宮城県

name

こち亀の両津勘吉みたいな眉毛と言われて...

小学生の頃なんですが、私は毛深く腕毛やすね毛はもちろん眉毛も繋がりそうでヒゲも生えていました。 ですが、当時は小学校低学年の頃だったので私は気にも留めていなく、周りから指摘された記憶もありませんでした。

ですが、ふと当時の好きな人から両さんみたいな眉毛だとぽろっと言われたんです。 漫画、こち亀の両津勘吉って多くの人がご存知だと思うのですが、私は当時知らなかったので最初は聞き流していました。

すると言われてから数日後、放課後その好きな人の家で遊んだ時にこち亀の漫画を取り出し、両津勘吉を教えてくれたんです。 当時の私には、好きな人からの言葉としては立ち直れないほど気づついた言葉でした。

まだ、小学校低学年の頃。 それ以上言われたこともなく、周りに広められたこともありませんし、からかう気持ちで言ったのではないのだと。

相手もムダ毛ということにそんなに差別や否定の気持ちがあって、発したことばではなかったと思います。

ですが、両さんみたいということばはけして褒め言葉ではなく、気にもしていなかった眉毛を初めて指摘されて、私のこの眉毛は恥じるものなんだと、おかしいのだと思い知らされたあの時の気持ちは今でも忘れられません。

(39歳 無職 つつみ 東京都

name

夕日に照らされた私の口周りの産毛を指摘した彼

高校1年生の時に初めて出来た年上の彼氏と電車に乗って動物園にデートに行った時のことです。一日中動物園デートを満喫し帰りの電車の中で彼と隣同士に座りました。

ちょうど夕日が電車内に差し込んでいた記憶があります。きっとその夕日で私の顔はいい感じに照らされていたのでしょう その時、彼は私の顔をみて口の周りの産毛を指摘したのです(笑)

もともと女子力が低い私でしたが、流石に彼も口周りの産毛は許せなかったんでしょうね それから電車の中で今まで溜まっていた私への不満が爆発したのです。私の服装のことやメイクのこと、体型のことなど指摘されたことを覚えています。

当時高校1年生だった私はムダ毛処理なんて薄着になる夏場だけするものだと思っていました。顔は季節関係ないんですけどね。とにかく彼に指摘され本当に恥ずかしかったのを40歳過ぎた今でも覚えています。

その後は冬場でも全身のムダ毛の処理をするようになりました。特にデートの前日は、顔の産毛も入念にお手入れしていました。

20代前半を過ぎた頃には、ムダ毛の処理ばっかりしていたせいかカミソリ負けしたり、色素沈着したりで結局は脱毛サロンにかよいほぼ全身の脱毛をしました。

(42歳 主婦 サコ 大阪府

name

私のわき毛を見た彼が絶句

まだ二十歳の頃の出来事です。その時はオタク系のイベントでコスプレイヤーをしていて、とあるイベントの盛り上げ役として出演させていただいていました。

当時付き合った彼氏はそんなコスプレイヤーの自分のことが好きだと言ってくれて、彼と付き合うことになりました。当時はムダ毛処理は自分ですべて行っており、お風呂場でカミソリや除毛クリームなどを使用してイベント前には必ず剃り残しがないように徹底していたんです。

当時付き合っていた彼はそれが当たり前だと思っていたようで、つるつるの肌がとても好きだと言ってくれていました。イベントでは何年もの間出演させていただいていたのですが、新たに若い子が出演することとなり、入れ替わりでバトンタッチすることに。コスプレイヤーとしてはそろそろ活動を縮小していこうと考えていた時期でもあり、人に見られるという緊張感が薄れていったせいか、ムダ毛の処理もおろそかになっていたんです。


冬場の仕事がとても忙しい時期のことでした。もうその頃はとにかく忙しくて、自分へのお手入れが雑になっていた時期でもありました…。


彼が少し早めのクリスマスプレゼントを持ってきてくれるという事で1か月ぶりにデートをすることにしたのですが、そこで気づいたんです。最近腋毛の処理を怠っていることに!目に見える部分の毛の処理は行っていたのですが、いざそのタイミングになったとき、彼はそれを見て固まりました。

女の子はつるつるすべすべで毛が無いのが当たり前だと思っていた彼の経験のなさもあったとはいえ、ムダ毛の処理を怠っていた私の見られたのにそこまで申し訳なさそうにしていない反応もあって、彼は相当ショックを受けたらしく、その翌年彼とは別れることとなりました。

それからは脱毛サロンに通い、見える可能性のあるムダ毛はとことん処理をしています。女はいつでもきれいだと思われたいですしね。

(28歳 事務員 あかね 千葉県