気付いたときには遅かった!?水着に関するムダ毛の失敗談

気付いたときには遅かった!?水着に関するムダ毛の失敗談
name

ほくろから飛び出た1本のムダ毛

毛深いのに肌が弱いというタイプの私は、ムダ毛を剃っては肌荒れを起こすことを繰り返していました。

それで思い切って全身脱毛をしたのが25歳の頃です。 ムダ毛処理をしなくなって随分ラクになりました。


海に行くのも、さすがにビキニを着る勇気はなかったですが、気軽に返事ができるのを嬉しく思っていました。

もともと色は白い方なので、水着になるとたいてい「白いね?」と周りがうらやましがってくれるので。

それで男友達も含めて6人で海に遊びに行った時の事なのです。脱毛してから完全に油断していた私は、海に行く前日に腕や脚を「ヨシ、大丈夫」くらいにしか見ていませんでした。

当日、水着の上にパーカーを羽織っているまでは良かったのですが、海に入り「おーい」と手を挙げて振ったところ、横にいた友達が急に笑いだしたんです。

何かと思ったら、私の脇に1本だけ長くて黒い縮れた毛が。

すっかり忘れていたのですが、私は脇にホクロがあって、そこから毛が1本生えてるんです。

ホクロは脱毛の機械を当てられないとのことで、そこだけ脱毛できなかったんです。

色が白いのでかえって目立ったのだとも思います。

気づいたらもう恥ずかしくてたまりませんでした。

見つけた友達は、面白いと思ったら何でも口にしてしまう子だったので、他のメンバーにも知られてしまい、今すぐ抜きたいけど、どっちにしても笑われるという最低な思い出になりました。

その後、年齢を重ねてノースリーブさえ滅多に着なくなりましたが、袖の広がるタイプのTシャツを着るときなどは、神経質なほど脇を確認するようになりました。

(43歳 主婦 かのこ 神奈川)

name

海外の水着はご用心!ローライズパンツでアンダーヘアが見えてしまった

大学生当時、初めて友達と行った海外旅行でパプニングが起きました。

ハワイ旅行で浮かれていて、友達と現地で水着を買おうと張り切っていました。

着いて早速水着屋さんに行き、あれでもない、これでもないといろいろ見て回り、やっと一目惚れする水着を見つけて、試着することなく即購入しました。

もちろんムダ毛の処理もしっかりしていたつもりで…早速ホテルに帰って水着に着替えたら、なんとビキニの下がかなりローライズになっていました。

下の上の方の毛が出てしまっていました。気を許せる友達と一緒に着替えていて、友達は大爆笑でした。

恥ずかしくて、穴があったら入りたいくらいでした。デザインと色とビキニの上の形が気に入って決めたものの、よく考えると下はよく見ていなかったようです。

そのときは下に短パンを履いてそのまま海に入り、周りは気にせず楽しく遊べました。

ですが、どんなに気を許せる友達の前だったとはいえあまりに恥ずかしくて、なんとかしないとと思いました。

当時は値段も高く、脇の脱毛をするのが精一杯でしたが、下の毛を脱毛することまでできませんでしたが、水着を着るときは家で試着して確認してから行くことにしています。

そしてセクシーな水着が多い海外では水着は買わないと心に決めました。

(36歳 主婦 ゆかぁ 神奈川)

name

友達の眉毛ハサミでVラインの毛を当日に処理

40歳、女性です。

中学生の頃、手脚のムダ毛処理はしていましたがVIOなど考えてもいませんでした。

私は生えている範囲が人よりも広いのでしょう‥。ふと、水着を着てみるとどうにもVラインの毛がチラホラ見えてしまっていることに気づきました。

というか、最初に気づいてくれたのは仲のいい友人がムダ毛処理の話をし始め、確認すると出ていたことです。

友人はどうにかしようと持っていた眉用のハサミを貸してくれましたが、黒く目立ちどうにもならない状態。

水着をなんとか下げてみたものの歩けばすぐ食い込み始め、隠しようがありませんでした。

どうにもならなく、恥をかくより嘘をついた方がいいと友人が提案してくれ、着替えている間に気分が悪くふらつくと友人に保健室に連れて行ってもらいことなきを得ました。

そんな恥ずかしいことを周りにバレないようにハサミまで貸してくれ、協力してくれた友人に本当に感謝しかありません。

本当ならそんな部分に使うために自分のハサミなど貸したくもないでしょうに‥。

保健室に行き、気分の悪いふりをするのは大変でしたが友人の起点に助かりました。

そのことをキッカケにVIOの処理をし始めたというのはいうまでもありません。

(40歳 無職 ナナ 東京)

name

彼氏との海水浴でへそ毛の処理を忘れて大慌て

29歳の時に彼氏と初めての海水浴に行くことになり、前日に彼と待ち合わせして、夜中に目的地に着きました。

ホテルで寝て、朝は彼より早くに起きて、ムダ毛の処理を一通り済ませました。

彼と楽しく海水浴してて、休憩に海の家に行った時に、おへそ周りの毛を処理するのを忘れてました。

自分で見てると生えてるなと思い、慌ててトイレに行って耳に付けてる派手なピアスで隠しました。

恥ずかしくて、戻ってから彼におへその毛気づいたと勇気を出して聞いてみると、気付いてないよ?そんな所見てなかったと言われてなら言わなきゃよかったよーと凹みました。

彼はどこに毛が生えてても気にしないよ?君がそんなに凹むとせっかく楽しんでるのにと言われたので、忘れようと思って海の家でしっかりご飯食べて夕方まで泳いで帰りました。

彼はその時の話は全くしなかったので本当に助かりました。

腕、足、アンダーヘア、背中、うなじと朝からしっかり処理したのに、まさかおへその周りはノーマクでした。

たまに処理するだけの箇所なので全く頭に入ってませんでした。

それからはしっかりおへそも自己処理をするようになったので、あの海水浴からは手入れをしっかりしてます。

脱毛サロンは脇だけしたので、また行ける時間が出来たらしっかり脱毛サロンで、足と腕とおへそ周りの毛を無くそうと思ってます。テキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

(31歳 主婦 あゆ 大阪)

name

憧れの先輩に見られた黒い毛穴

大学1年生の夏休みにサークルの旅行に参加した時のことです。一泊二日の旅行で、行き先は九州のビーチでした。

大学に入学し、サークルにも入って、馴染めてきた頃で、毎年恒例のこの旅行をとても楽しみにしていました。

友達に付き合ってもらい、水着を買いに行くことになりました。

選んだとこまではよかったのですが、試着してみると今まで特に気にならなかった胸やお腹、背中のムダ毛が気になり、旅行前日にカミソリでムダ毛処理をして旅行に行くことに決めました。

しかし、手や足など普段処理し慣れていない、部分の処理は思った以上に大変でした。

特に、自分ではよく見えない背中などは剃り残しがないか気になってしょうがなかったです。

それに加えて、Vラインは普通のカミソリではなかなか上手く剃れず苦労しました。

旅行当時、海でサークルのみんなと遊んでいた時、足をつってしまい、男の先輩に介護されました。

私は人より剛毛で前からコンプレックスだったのですが、前日にカミソリで処理したはずなのに、もう毛穴から黒い毛がポツポツ見えて、それどころではなかったです。

先輩は何も言わないけれど、間近で介護してくれていたから、絶対に毛穴から生えかけていたムダ毛に気づいていただろうし、かなり落ち込みました。

その後、ムダ毛の処理の面倒くささと、剛毛な自分の体毛を少しでも薄くしたいと思い、脱毛サロンに通うことを決意し、その年の秋から通い始めました。

(24歳 主婦 なっちゃん 福岡)

name

足首の毛って忘れませんか...

海に行くのは好きですが、もともと、水着を着て遊ぶという習慣はありませんでした。

しかし、20歳のころ、職場の先輩が、どうしても水着を着て海に行こう、と…。正直それほど気乗りがしなかったものの、何日も粘られてしぶしぶOKしたのです。

私は水着を持っていない、と言ったところ「使っていない水着があるからプレゼントする、だから絶対に行こう」とのことでした。

同性の先輩だったので、断って面倒くさいことになってもな、と思って了承しました。

当日朝に、とりあえず腕や足、脇などのムダ毛を剃ってみました。

そして午前中から海に行ったのですが、なんと足首のところに、剃り残した毛を発見してしまったのです。

おかげで全然楽しめませんでした。

先輩は一生懸命話しかけてきたり、食べ物を買ってきてくれたりしました。

男の人たちにも何度もナンパされました。

しかし、私の頭の中は、足首の毛のことでいっぱいでした。誰にも見られないことを祈りました。

そのときの剃り残しについては多分誰も気付いていないと思います。

当時はいまほど脱毛サロンも一般的ではなかったため、最近の、低価格で通える脱毛サロンを見ると「若いころに、もっとこういうものがあれば…」と羨ましくなります。

(43歳 会社員 かな 青森)