処理しないのが当たり前?外国人のムダ毛に関するカルチャーショック

name

中国人のムダ毛観

私は大学卒業後に北京で就職活動をして、しばらく中国で仕事をしていた時期がありました。

20代の前半のころの話です。当時ピアノ教師をしている中国人女性と友達になって、一緒に近くのプールに遊びに行こうということになりました。

彼女は瀋陽(旧奉天)の出身で、ピアノ教師というだけあり、中国でもかなり裕福な家庭の令嬢です。日本人である私以外にも外国人の友人をたくさん持っていて、いつも上品な服装をしている女性だったのです。

ところが、水着を着て出てきた彼女を見て、びっくり…。今どきのラッシュガード的なものは着ておらず、それなりに露出度の高い水着だったのにも関わらず、全く腋の処理をしていませんでした。

私はプールに行くからと前日にきれいに手入れをしてから行ったので、ツルツルのきれいな脇でした。そうでなくても、もともと毛深くないのであるかないかの状態ではあったのですが、それでも女性のたしなみとして普通に処理するものだと思っていたため、彼女のボーボーぶりに内心、驚愕(笑)

確かに中国人女性は脇のケアをしないと聞いたことがあったなと思い出して、目のやりどころに困っていると、彼女もほうから「あなた、すごく脇がツルツルなのねぇ。聞いたことあったけど、日本人女性は皆、脇の毛を切っちゃうのね?」と言われました。お互いの文化の違いに驚いた瞬間でした。

その後も同様に中国人女性側から驚かれたことがありましたが、やはり染みついた感覚というか習慣は絶対に変えられないものなのでしょうか。私はやっぱり違和感あるので、腋毛ありでノースリーブは着ることができません。お互いを尊重しあってれば、結局どちらでも自分が快適であればいいと思ってます。この件に関しては、ですが。

(46歳 主婦 にっしー 千葉)

name

VIOとワキだけツルツル

父が大学生の時にアメリカ留学した際のホストファミリーの娘さんが20歳で来日した時の話です。

私の家に1週間ほど泊まったので何度かお風呂に一緒に入る機会があったのですが、腕や足は毛を生やしているのに、脇とVIOはツルッツルだったのでとても驚きました。また、私はまだ小学生高学年でアンダーヘアも生えたてだったのもあり、大人がアンダーヘアを全部ツルツルにするという概念がなかったのでその点にも衝撃を受けました。(姉がいたので女性が毛の処理をすることは知っていた)

ずっと、なぜ人に見られる腕や足の毛は気にしないのに見えない脇やアンダーヘアはツルツルにするのだろうと思っていました。私ならまず腕と足の毛を駆逐するのに!!と。

大人になって見えない毛の方が気を遣わなければならないと学びましたが。しかし、大人の事情を抜きにしても、外国の方は腕や足の毛は処理してない方が多いように思います。特に白人の方に多い気がします。

私が思うに、白人の方は元々毛が薄いうえに毛の色が明るいので目立たないからではないかと思います。他人の私から見ても毛が金色でよく見ないと見えないので気にならない。どちらにせよ毛が漆黒で剛毛な私からすると潔くてかっこいいなと思います。実際になせがは聞いたことがないので、機会があればぜひ聞いてみたいです。

(46歳 主婦 にっしー 千葉)

name

台湾では気にしない文化?

8年ほど台湾に留学していたときのことです台湾の大学生のほとんどは大学内の寮に住むことが多いので私も留学先の大学の寮に住むことになりました

四人部屋で以外の三人は台湾人とても仲良くなり一緒に食事に行ったり遊びにつれていってもらったり中国語を教えてもらったりしていました

夏休みに台湾で一番きれいだと言われる有名な海に遊びに行きました日本人は私を含めて女三人台湾の友達5人(男二人女三人)合計8人で行きましたみんな水着になって海にはいり水を掛け合っていたそのとき台湾の女の子の脇にすぐ目がいきました脇毛がすごかったのです一緒にいた日本人の友達も気づいたようででもあからさまなリアクションをとらないところが日本人私たちはお互いにびっくりしたねというアイコンタクトをしました

その子はすごく可愛い女の子だっただけに余計にびっくりしましたしかも男の子もいてそのうちの一人が彼女の恋人でしたおそらく台湾では気にしない文化なのでしょう彼氏もまったく気にしていないようでしたし他の台湾の女の子も腕毛や脛毛の処理はまったくしていませんでしたよくよく考えるとうまれた状態のままで毛にもそれなりの役割があって生えてくるのだろうから日本人が気にしすぎなのかも潔癖なのかもしれないな思いましたそれでもやはりすぎる毛はさすがにびっくりしてしまいました

(31歳 教師 びんあ 鹿児島)

name

ビキニからはみ出すムダ毛

モルジブに夫と旅行に行った時のことです。お世話になったホテルがドイツ系列のリゾートホテルだったので、ドイツ人の宿泊者が沢山いました。

そこのホテルにダイビングショップが併設されていて、私達夫婦はダイビングも楽しみにしていたので、お世話になりました。

ダイビングショップでダイビングスーツの着替えを済ませ、船に乗り込むのですがまだ着替えを済ませていない30歳前後のドイツ人女性がビキニの水着姿でウロウロしていたので何気なく彼女を見たら、下の毛がビキニのパンツから思い切りはみ出ていました。

思わず二度見してしまいましたが、彼女は全く気が付いていない様子。しばらくウロウロしていた彼女はどうやら旦那さんを探していたみたいで、旦那さんらしき男性とその友人を見つけると、彼女は駆け寄って行きました。

旦那さんもその友人も、はみ出ている所には全く気にもせず、彼女の方も気にすることもなく、普通に会話をしているのには、心底驚きました。出ている毛の量だって、数本というレベルではなく、バサーっというレベルの量が思い切りはみ出しているのに。むしろ気にしている私の方がおかしいのかと首をかしげたくなるくらい、彼らは自然にしていました。

あれには本当にカルチャーショックを受けました。毛の色が栗毛色、ということまでリアルに覚えているくらい、記憶が鮮明に残っています。

(44歳 専業主婦 わんころ 宇都宮)

name

どうして腕の毛は処理しないの?

アメリカに留学していた時に、友達のブラジル人の子たちが、VIOはきちんと処理するのに、腕の毛がボサボサだったことが理解できなかったです。

一部の友達は、腕の毛を剃ったりしないで、毛の色を白っぽく染めて、見えにくいようにするなどしていましたが、わたしからすれば、そんな手間かけるなら、いっそ剃った方が早いと思ってしまいました。

さらに、口の周りの毛が生えていてもあんまり気にしない子が多いようで、明らかに何ヶ月も剃っていないまま放置している子は、話すたびに私が口の周りの毛ばかり気になってしまいました。日本人なら口の周りに女性が毛が生えていたら引いてしまうと思いますが、ブラジルの男性は全く気にしていないようです。

眉毛はみんなしっかり、ワックスや毛抜きで抜いていつも完璧の状態ですごいなと感心させられていましたが、それなら何で口の周りは気にしないのか本当に謎で仕方が無かったです。

私はアメリカに留学してから、日本ではしていなかったVIOもしっかり脱毛するようになりましたが、ブラジル人の腕と口の周りの毛を処理しないところをみても、じゃあ私もしなくて良いやとは全く思いませんでした。むしろあんな風になりたくないと思って、全身完璧に脱毛するようになりました。

(24歳 会社員 ぴん 大阪)

name

外国人彼氏との違い

大学在学中に出会ったロシア人とのお話です彼は日本の文化に理解があり日本人の女性が下の毛を剃らないことも知っていたので彼から特に言われることは有りませんでした

それとは裏腹に私にとって彼は初めての外国人のお相手でした彼が下着をおろすと彼の肌の白さも合わさりまるで雪原のようでした結局彼とは長く続きませんでしたが、彼に影響されて自分もVIOのムダ毛を処理するようになりました

ムダ毛を処理してから明らかに男性からの反応が変わったのが分かりました日本人にはあまり受けはよく有りませんでしたが外国人からの受けはとてもよく喜んでもらえました。でも日本人のお相手がいるかたはお相手よく相談してからするのをおすすめします

その後、ムダ毛処理を二年近く続けました学生だったこともありお金が無かったのでカミソリ処理をしていました留学の機会があり日本よりも海外のほうが毛の処理をしているかたが多いので海外に行ってから本格的に処理をしようと考えましたがいざ行ってみると日本人の毛質では難しいということが判明

デリケートな部分なのであまり冒険はしたくなく結局自分で処理を続けることとなりました

そんなある日、イタリア人の彼氏ができました。彼との生活にもなれてきて毛の処理が疎かになってきた彼が最中に彼が静かな声でょりじょりしてて痛いよ言いましたよく見るとかれの処理も疎かになっていましたが私ほどはじょりじょりしておらずもっと柔らかい毛質でした調べてみると日本人毛質はどうやら硬いそうです

そういわれてから毎日毛の処理をしていましたが肌が黒ずんで行くことに恐怖を覚えその後彼とお別れをしたすっかり処理をしなくなりました処理をしなくなったあまりの違和感に何度か剃りそうになりましたがある程度伸びてくると違和感はありません

毛の処理した方が綺麗ですが毛がないと毛があるよりも下着が蒸れて寝るときは下着をはかない方が良いと思うほどでしたそういうのも日本と外国のカルチャーの違いに繋がるのかなと考えたりしました

(23歳 フリーター パグたん 大分県)