ブラジリアンワックス、医療脱毛、ニードル脱毛…一番痛かった脱毛方法はどれ?

ブラジリアンワックス、医療脱毛、ニードル脱毛…一番痛かった脱毛方法はどれ?
name

ブラジリアンワックスで悶絶!

夏だし、水着になる機会も増えるのでデリケートゾーンを処理しようという事に。場所が場所なだけにサロンへ行くのは恥ずかしくて、流行っていたブラジリアンワックスをドラッグストアで購入し、お風呂上りに試してみました。

清潔にした肌にワックスを塗り、固まるまでしばらく放置するがなんとも間抜けな恰好で、サロンへ行かなくてよかったな、なんてその時は一人笑っていたのですが。

いざ剥がす時になって、これはすごく痛いんじゃないかとようやく気付く私。一気にいかなければならないのに、やっぱり痛くて少しずつしか剥がせなくてもう涙目。

思い切って目を瞑って、ええい!と剥がしたが、あまりの痛さにしばらく悶絶しました。もちろん、涙と汗で顔はぐちゃぐちゃ。 こんなに我慢したのに、塗り方が悪かったのか勢いが足りなかったのか、残っている毛が。しかも部分は赤くなっている。

残した毛は気になるものの、この痛みを知ってしまった以上、もう一度やろうという気にはなりませんでした。というより、痛みに弱い上に敏感肌である自分がどうしてこの方法を選んでしまったのかと、流行りに乗っかってしまった事を後悔しました。

こんな経験から、恥ずかしくてもサロンへ行こうと思いました。

(34歳 事務 青空 和歌山)

name

ニードル脱毛で拷問されている気分

一番痛かったのはニードル脱毛です。毛を生やしたままの施術で一本一本脱毛していきます。ピンセットのようなもので1本につき数十秒機械で電流を流すことにより、その場で毛は永久になくなります。毛の周期があるので1回では終わらないが、その場ではつるつるの状態になります。

部位が痛いというよりも1本1本するので時間が長く、痛みも一瞬ではなく数十秒続くのでとても苦痛でした。早く終わってほしいが、時間を巻くことはできないのでひたすら我慢するしかなかったので、拷問されているような気持ちになりました。

私が痛がっていると、担当のスタッフさんは「少し休憩しますか?」と声をかけてくれましたが、予約時間的にそんなに休んでもいられないし、結局痛いので耐えるしかなかったです。

結構毛がなくなって自己処理の回数も減ったし、毎回脱毛の日が苦痛だったので、いったんニードル脱毛はやめました。

しばらくして、やっぱりもう少し毛を減らしたかったので医療レーザー脱毛にいきました。痛みはあるが施術の時間も少ないし、痛みの度合いも全然違うので最初からレーザーにすればよかったと思いました。

それぞれメリットやデメリットは違いますが、2度とニードル脱毛は受けたくないです。

(30歳 会社員 ジャスミン 大阪)

name

テープを剥がされてた瞬間悶絶!ブラジリアンワックス

毛深い事が中学生の頃から、とても悩みで。 就職したら必ず脱毛する!と思っていた私が行った脱毛は、エステ脱毛と医療脱毛と、そしてブラジリアンワックスです。

まず行ったのはエステでの脱毛。低価格であり、また友人がエステで働いていたこともあり、新入職員の時に「脇」のみの脱毛で契約をしました。

初めての脱毛の日は、友達に自分の脇を見られる恥ずかしさと、悩んでいたこの毛がなくなるのか?!という期待感でいっぱいでした。 照射されている時は、時折ちくっとする痛みのみで、
特に気になること無く終わりました。

最後は、冷却剤のようなもので冷やした記憶があります。 そこから2ヶ月に1回のペースで通うようになりましたが6回ほど通った時に、減ってはいるものの思った以上の結果がでていない事に気がつきました。

その頃、女子会の話題は「恋愛」と「仕事」と「美容」の話がメインで特に周りで脱毛を始めた子がとても多く、そしてそのときに医療脱毛の話を聞きました。

なかなかの勇気がいる価格帯ではあるけど、効果は抜群!絶対に医療で脱毛をしたほうが良いとの後押しを受け24才の時に意を決して、3年ローンで、そしてどうせやるならと「全身」脱毛を契約しました。

全身の中でも、上半身、下半身、そしてVIOと3つの項目で分かれており、一度にとれる予約は1つの項目のみでした。通っていた期間は、どこよりも行った場所になりました(笑)

そして初めての医療脱毛の印象は、「痛い」「あつい」でした。エステ脱毛の10倍は痛みを感じました。針でさすような痛みでしたが、背中はお腹、また二の腕、太ももあたりは痛みはそこまででしたが、毛が濃い「ひじ」「ひざ」「脇」は涙を流しながら耐えていました(笑)

施術される方もびっくりされていましたが、「痛みの感じ方は個人差があるから」と優しく、照射の強さや、休みながら打ってくださった事は覚えています。
そして、よく聞かれる一番の痛みのVIOですがわたしは麻酔クリームをぬっていたました。たぶん気絶するのではないかと思い、クリニックの方にも勧められたからです。
なので、痛みはありませんでした(笑)

契約の6回が終わったあとの感想としては 脱毛をするなら絶対に医療がよい!」という事です。効果は本当に抜群です。もちろん絶対に生えてこないという事ではありませんがあんなに悩んでいた問題は消え、毎日快適に過ごしております。(夏の2日に1回はカミソリで剃っていた事が嘘のよう)

しかし、まだ問題なのがVIOなんと、わたしの毛の量が多すぎて半分ほどしか減りませんでした。再度の脱毛をするのに躊躇していたときに、考えたのが流行の「ブラジリアンワックス」です。永久ではありませんが、低価格で一度できれいになる。

一度試してみたいと思っていたところだったので口コミがよい人気店に行ってきました! おしゃれな雰囲気にかっこよいお姉さんが施術をしてくれることに「痛いですけど、一瞬ですから?」と言われ、医療を経験しているからとたかをくくっていましたが。。。テープをはがされた瞬間、悶絶しました。

びっくりするような痛みでしたが、お姉さんは笑いながらすぐに終わるからと続けて行いました。 途中息をするのも大変なぐらいの痛みでしたし、施術箇所は真っ赤か(笑)

呆然として、施術が終わりました。最初の2、3日は、痛みと赤さが残りましたが。そこからの1ヶ月間はとても快適でした。あんなに痛かったのに、またやろうかなと思ってしまうぐらいです(笑)
夏の間や、定期的に通うぐらいでちょうど良いの方でしたらブラジリアンワックスはおすすめです!結論、痛い脱毛方法は瞬間的なら「ブラジリアンワックス」がわたしの結論でした。

(32歳 会社員 さぴこ 東京)

name

痛みが強いが効果は高い医療脱毛

今までブラジリアンワックスと光脱毛、医療脱毛の経験をしました。顔からVIOを含む全身で脱毛経験があります。光脱毛は医療脱毛に比べると安価なため、効果が出るのに時間がかかります。

そのぶんパワーが弱いため、痛みはほとんどありませんでした。医療脱毛は輪ゴムを弾いたような痛さをもっと強くした感じでした。個人的には一番痛みが強かった脱毛方法でした。特に毛が濃いひざ下、肘下、VIOは飛び上がるほどの痛みで、しばらく熱をもったような感覚だったのを覚えています。スタッフの方も配慮をしてくださり、なるべく長い時間体を冷やしてくれました。

誰でも初めは痛いそうなので、珍しいことではなかったみたいです。ムダ毛が減ってきてからは痛みはありませんでしたが、痛みに耐えられない人には難しいと感じました。怖かったので、照射する時のタイミングを言って貰うようにお願いしていました。

初めてのVIOを脱毛する際はブラジリアンワックスにしていたのですが、一時的な脱毛方法なので、医療脱毛に変更しました。

痛みは強くても、効果が高い方が後々いいと感じたからです。もし痛みに耐えられないのであれば、初めは光脱毛から始めて、毛量が減ってきてから医療脱毛に変更するのがおすすめです。

(30歳 主婦 さらん 静岡県)

name

強烈な輪ゴムパンチ!ニードル脱毛は本当に痛い

ニードル脱毛がとにかく一番痛かったです。1本1本の毛穴に対して行っていくので、1本1本激痛です。 強烈な輪ゴムではじかれている感覚です。

眉毛、鼻下、脇の3カ所を行いましたが、特に鼻下が一番痛かったです。 涙が反射的に出てくるくらいです。痛みに耐えられなくて痛いから泣くのではなく、反射的に涙腺の近くだからなのかただただ涙が垂れてきます。

早く終わってくれ…という気持ちのみでただただ耐え忍んでいます。 スタッフの方は、実際にニードルをやられているのでその痛みをすごくわかって下さり、少しでも私の気が散るように他愛もない会話を入れて下さり、 自分も初めてニードルをやったときはこうでしたと体験談を交えてくれたりと、気が散るように対応して下さったので大変ありがたかったです。

また、数本やって、少し休んで、数本やってを繰り返してくださったので、休憩しながらやってもらえました。 ニードルは1本1本に痛みがかかるので、医療脱毛等の面積を大きく一気に施術するものより、痛みが強く感じます。

しかに、一番最高なのはニードルで抜いた毛からは永久的に毛が生えてこないことです。医療脱毛やブラジリアンワックスは、その後も毛が生えてきますので、ずっと生えないのは素晴らしいです。

なので、その時の痛みこそは耐えるしかないですが、その後毛が生えてこないことを考えるとその痛みにも頑張って耐えれます。

なので、照射範囲の広いひじ下やひざ下は医療脱毛等で、脇や顔周りなど細かなところだったり、一部だけ生えてくるしぶとい毛にはニードルで処理をする等、使い分けるのが最適だなと感じました。

(27歳 OL 田中 東京都)

name

ブラジリアンワックスで絶望感に包まれる

ブラジリアンワックスは、ひじょーーーーーーーーに痛かったです。 粘着力の高いワックスを該当部位に塗り、紙を貼り付けてからその紙を「ベリベリッ」と勢いよく剥がすことでのですが、その瞬間がとてつもなく痛いです。

一回目の「ベリベリッ」を体験した瞬間に申し込んだことへの後悔と、あと何回これを繰り返すのだろうという絶望感に包まれました。 実は研修の方の練習台として格安で参加したため、スキルが十分ではなく、より痛かったのだと思います。

指導していたトレーナーさんが実施した「ベリベリッ」は、研修生の施術の痛みを5とすると、3くらいでした。それでも、かなり痛かったです。

施術後は毛はなくなりましたが、ヒリヒリとした肌の痛みと赤みが1週間ほど続きました。

更に、数日後からは埋没網(毛を無理やり抜いたことにより、次に生えてくる毛が皮膚の下に埋もれてしまうこと)に悩まされました。

レーザー脱毛(同じくVIO)の経験もありますが、こちらは痛みレベルでいうと1、ちょっとチクっとする程度でした。


金額はブラジリアンワックスよりも高く、求めるムダ毛なしレベルまではかなりの時間を要しますが、痛みとお肌への負担を考えると、断然、レーザー脱毛がおすすめです。

(30歳 主婦 はむ 東京都)