寒い時期でも気を抜けない!真冬のムダ毛失敗エピソード

name

急にサンタコスを着ることに…

当時21歳だった私はスーパーのレジでアルバイトをしていました。

元々毛が濃い方なので春夏は基本ムダ毛処理をするし、寒い時期でもお出かけの時は服のデザインに合わせて処理していたのですが、真冬は毛があった方が暖かいような気がするので何もしていませんでした。

クリスマスの時期になって、バイトで「人が足りないのでクリスマスケーキの売り場に入って欲しい」と急遽言われ、サンタの簡易的なコスチュームを着ることに。サンタの帽子と上着だったのですが、袖が少し短くて腕が出てしまう長さでした。

普段のアルバイトの制服は長袖の白いシャツと黒いスボンだったのでなんのムダ毛処理もしていません。伸びっぱなしの腕毛が出てしまうので「寒いから…」と言い訳して、シャツの上からサンタコスチュームを着て何とかごまかしました。次の日もと言われたので次の日はきちんと処理して出勤しました。

本当は定期的に脱毛サロンなどに行って処理するか、家電量販店などで売っている脱毛の機械などでやりたいのですが、あまりお金をかけたくないのでそれからは真冬でも気を抜かずにこまめに何日かに1度カミソリで剃るようにしています。忘れることが多いのでお風呂の時についでにやるようになりました。

(34歳 主婦 あおい)

name

人間ドックの検診で…

12月に、4年ぶりの人間ドックを受けたときのことです。

いつもは脇のムダ毛処理をしている夏場に人間ドックを受けていたことと、毎回苦労する胃カメラのバリウムのことしか頭になく、すっかり脇毛の存在を忘れていました。

胸の触診で両手をあげるように言われた際に、最近ワキを処理をしていなく、結構脇毛が伸びている状態であることに気がつき、ものすごく恥ずかしかったです。

その場にいるのが男性医師と女性看護士で、職業的に気にされないと思いますが、二人に同時に見られたことに、余計恥ずかしく思いました。このときだけかと思ってほっとしたところ、今回はオプションでエコーなど、前回より検査内容を追加しているために腕をあげる機会もより多く、さらに別の人に見られることになり、せっかく自分で追加料金払ったオプション、なるべくよく診てもらいたい、という思いより、「早く終わってほしい」という気持ちの方が大きかったです。

今は小さな子供もいて脱毛サロンに通う時間はなかなかとれないので、通う時間がとれた時のためにどういうところを撰べばいいのか、など脱毛をした友人の話を聞いたりしています。また、冬で人目にさらされることもありませんが、例年の冬より頻繁に脇の処理をしています。

(37歳 主婦 のの)

name

屋内プールでうっかり

中学3年生のある冬の話です。友達から連絡があり、急遽5人グループで屋内プールに行くことになりました。

急いで準備していたのですが、空気で膨らますボールで皆で遊ぼうと考え、忘れてはいけないと思いしっかりかばんに入れました。無事に全員合流しボールで遊ぼうと投げようとしたとき、自分の脇の毛を処理していないことに気が付きました。

時すでに遅しですが、バレないようにあまり腕を上げずにボールを投げて何とか遊んでいました。しばらくすると友人が私の投げ方がおかしいと気づいてこちらをしばらく見ていたようで、突然笑い声が聞こえ、「あれ?脇毛生えてるで!」と堂々と指摘されてしまいました。

友人はもちろん周りの人にも見られてしまい、とても恥ずかしい思いをしました。忘れないでおくべきはボールではなく脇毛の処理でした。

それから社会人になり自分で使えるお金に余裕が出たころ、脱毛サロンの門をたたきました。最初は脇毛・肘下・膝下だけでしたが、だんだん境界線が気になっていき、肘上・膝上・手の指・足の指と脱毛する範囲が増えていきました。3年経ってようやく終わり、もう二度と学生時代のような思いをしないで済むと思うといい経験だったと思います。

(30歳 主婦 ゆう)

name

ワクワクで一緒にお風呂に入ったら…

遠距離だった彼氏と同棲を始めた12月のこと。それまで月に1度の頻度でしかあっていなかったため、ムダ毛のお手入れも彼氏と会う前日にまとめてする程度でした。

同棲を始めてしばらくは処理をしていたものの、冬のせいでタイツやデニムを履いていることがほとんどで、普段からお手入れをすることをさぼりがちだったため、自分でも思っている以上に足に濃くて太い毛が生えていましたが、全然気にしていませんでした。

そんなある日、彼氏と一緒にお風呂に入ることになり、わくわくで入浴剤を選び、いざお風呂!と浴槽へ。しかし、一緒に浴槽に浸かり、お互いの足がで当たると「痛い!チクチクする!毛がすごい!」と彼氏が叫びました。

私の太くて濃いすね毛が彼氏に直撃し、せっかくのラブラブで楽しいお風呂の時間は地獄になりました。

お風呂あがりに彼氏から「ねぇ、お金あげるから脱毛してきて」と言われ、半泣き状態になり、気分は最悪。その後彼氏はツイッターで「彼女 ムダ毛」で検索し、「同じ気持ちの彼氏を探している」とまで言われました。

確かに処理をしていなかったのは私なので強く言い返せませんでしたが、その日から絶対に一緒にお風呂は入らず、3日に1度は必ずムダ毛処理を行うようになりました。

(28歳 会社員 めぴ)

name

美容院だからと油断してたら…

子どもが生まれて2年ほど経った、当時30歳の冬の出来事です。

私は数ヶ月ぶりの美容院に来ていました。子どもが生まれてから美容院に行くのも一苦労。まず、日々の生活に追われて予約を忘れてしまう、予約したら子どもの預け先を確保しないといけない、いざ当日になると子供が熱を出して予約変更、変更したら行く直前にお茶をこぼして大騒ぎ。そんなハードルが無限にあるからです。

その日、ようやく美容院のサロンの椅子に案内されて私は心底ホッとしていました。服装は動きやすいパンツスタイル。

「そういえば最近全然スカートはいてないなあ、脛のムダ毛も処理してない…でも美容院だから、首から上が大丈夫ならいいや」という状態でした。久しぶりの静かな時間を少しウトウトしながら過ごしていると、最近お店に入ったという、20歳そこそこのおしゃれな男性スタッフが声をかけてくれました。

男性スタッフいわく、「先月からフットバスつきのシャンプー台を導入して、今月はお試しで一回だけ無料で利用できるんですが、いかがですか?」と。癒しを求めていた私はもちろんすぐにお願いしました。

しかし、フットバスの椅子に座ってから気づいたのです。フットバスは、スタッフの見ている前でパンツを膝までまくり上げて足をお湯につけなければならないことを。さらに、あがるときはムダ毛を処理していない足をスタッフに差し出して拭いてもらわなければならないことを!

もちろん、スタッフは何も言いませんでしたが、恥ずかしいったらありませんでした。それからは、冬でも、パンツスタイルばかりでも、子育て中でも、ムダ毛は処理しないといけない、と固く思うようになりました。とくに美容院に行く前は!

(38歳 主婦 まさな)

name

ケータイショップで…

冬は露出も少ないし、結婚して多少生えていたとしても旦那は気にしない人だからとムダ毛の処理がだんだんと面倒になっていました。

2人の小さい子どももいるので、なかなかムダ毛処理の時間も取れる状況ではありません。そんなとき、急にスマホが壊れて、携帯ショップへ急遽行くことになりました。

スマホ以外では連絡手段がなかったので、いち早く直さないととかなり焦っていました。お店に着いてまずアンケートの記入がありました。その時ふと自分の指に目がいきました。すると、指毛が結構目立っていました。

お店の中が暑くて腕まくりをしないといられなくなり、腕まくりをすると次に腕の毛が気になりました。全く処理していなかったので、かなりフサフサ。近くで見ると目立つけど、不幸中の幸いにも腕は脱毛したこともあり、遠目では分からないくらいの薄さになっていました。

スマホの契約書など何枚かの紙に書かなくてはならず、指毛や手首の毛が見られてるのではないかととても恥ずかしい気持ちになりました。それからは、冬は洋服から見えるところは必ず処理して、いつ人前に出ても恥ずかしくないようになろうと思いました。また、なんとか時間を見つけて脇毛も処理できるときはやろうと思いました。

(28歳 会社員 めぴ)