夏のデートに関するムダ毛の失敗談

夏のデートに関するムダ毛の失敗談
name

首の後ろのムダ毛はノーマークでした

20歳頃の私は、ノースリーブの服が好きでよく着ていました。

ノースリーブを着るときはいつも以上に腕の毛と脇の毛の処理を気にしてしっかり剃っていました。

腕と脇さえしっかり剃っておけば完璧と思っていました。

しかし、私は首の後ろの毛の存在をすっかり忘れていました。

夏のデート中、髪の毛を下ろしていると暑いので縛ることがほとんどでした。

トイレに行った際に、髪型が乱れていないか気になり鏡で髪型を確認すると、ノースリーブの後ろが空いていて首の後ろの毛もかなり見えていました。

全く首の後ろの毛を気にしたことがなかったので、驚いたのと同時に恥ずかしさが一気に込み上げてきました。

彼氏が後ろを歩いていた時に、毛に気がついていたかと思うと恥ずかしくてトイレからなかなか出れませんでした。

結局、首が隠れるような髪型に変えてデートを続けました。

彼氏に言われる前に、髪型が乱れてたから髪型を変えたと伝えました。

特に何も気にしていない様子でしたが、首の後ろの毛が気になりすぎて落ち着きませんでした。

その後は、髪を縛る縛らないにかかわらず首の後ろの毛はこまめに剃るようにしました。

見えにくいうえに剃りにくいので、よく家族に確認してもらっていました。

今でも夏になるとこの失敗談を思い出します。

(29歳 主婦 ぽちち 静岡)

name

背中に渦巻いてる!と笑われた

40歳、女性です。 私が高校生から20代前半頃は、ちょうどギャルブームでギャルっぽい服ばかりが流行っていました。

寒い時期でもオシャレは我慢とばかりに露出の高いファッションが流行っている時代。

夏の暑い季節のファッションなど今から思えば、見えてはいけない部分でさえ見えてしまうのではないかというデザインのものばかりでした。

私も流行りにのり、露出度の高いファッションを当たり前のようにしていましたが、ぱっくりと背中の空いたトップスを着ていると彼から背中に渦巻いてる!と笑われたあげく、いじられました。

ムダ毛処理は、念入りにしていたつもり‥。

見えない部分も季節は問わず、ムダ毛処理をしていたはずなのに見落としからの失態でした。

それからは、妹に手伝ってもらい処理後の見落としがないかと確認してもらうようになりました。

鏡を使い確認していたのですが、ちゃんと処理できてからは、背中が白く見えるレベルでした。

意外と背中の毛は濃いんだなと恥ずかしく感じました。

処理することが難しい部分ではありますが、彼氏に毛深い印象を植え付けたエピソードであることは間違いありません。

それからは、会うたびに今日は渦巻いてないの?と茶化され続けました。

(40歳 無職 マオナ 東京)

name

ムダ毛のせいで彼氏と自然消滅?!

あれは社会人2年目の夏、忘れもしない7月最後の土曜日でした。

東京に住んでいた私は、当時気になっていたY君と一緒に墨田川の花火大会を見に行きました。

Y君は普段はあまり多くは喋らない大人しい人で、花火大会の会場は人でごった返していたため、会話はあまり弾みませんでしたが、花火の盛り上がりと夜の暗さのおかげでそれなりにいい雰囲気になっていたと自分では思っていました。

しかし、事件はその時起こったのです。花火を見ていた私は、自分が着ているワンピースが何だかおかしなことになっていることに気付きました。

その日着ていたワンピースはワンピースとしてもロングスカートとしても履ける2Wayタイプのもので、ワンピースとして着る場合にはストラップで肩から下げている状態となっていました。

しかし、あろうことかそのストラップが外れてしまっていたのです。もちろんTシャツの上からワンピースを着ていたので露出面では全く問題はないのですが、ストラップから外れているワンピースの見た目はかなりおかしいです。

なんとかストラップを固定しようと体を捻ってみるものの、やはり自分では調整しずらい箇所のため上手くいきません。

四苦八苦している私を見かねたY君は「手伝おうか?」と優しく声をかけてくれました。

恥ずかしさをこらえながらもお願いし、ワンピースはなんとか正常の位置に戻りましたが。

しかし、事件はこれで終わりませんでした。私はその時自分が襟足と背中の毛を全く処理していなかったことを思い出したのです。

普段はあまり意識していなかった襟足や背中の毛。こんなにも接近すればきっと嫌でもY君の視界に入ってしまったことでしょう。

暗くて見えないはず!と思いたいところですが、ワンピースのストラップを直すために私たちは少し明るい場所に移動してしまったではないか!!

Y君は気付いているのかいないのか、特にコメントはありませんでした。

その後、Y君からは次第に連絡が来なくなり、自然消滅パターンとなってしまいましたが、これはきっと私のムダ毛のせいではないと思いたい。

これからは自分から見えるムダ毛だけではなく相手から見られている箇所もムダ毛処理をしようと心に誓った夏の思い出です。

(30歳 主婦 みなこ 札幌)

name

明るいとムダ毛がよく見えちゃうよ~

私は現在26歳です。 これは当時私が20歳の時に経験した話なのですが、私には当時付き合って4年になる彼氏がいました。

私は生まれつき割と剛毛な体質で、毎日お風呂に入る際に全身の毛を剃っていたのですが、彼氏と温泉旅行に行くという話になり、前日にはいつも以上に念入りに毛を剃りました。

当日プールの施設もついてあるところだったので、水着も着る予定でしたのでVIOラインなどもかなり念入りに処理したのを今でも覚えています。

プールも温泉も無事に何も言われずに済んだのですが、その後まさかのアクシデントが。

旅館でお泊まりということもあり、当然夜の営みがあったのですが、その時に普段は電気を消してしているのにその日は彼が電気を消さないで欲しいと言われました。

明るいまましたのですが、その際に意外と毛が濃いんだね。とすこし引き気味に言われました。 

私は念入りには剃って来ましたが、剃り跡などを明るい場所で見られたら濃いのは誰でもわかります。

なにがなんでも電気を消してするべきだったと今でも後悔しています。

しかし、その後は脱毛サロンに定期的に通い、きちんと処置をしてもらってから剃り跡なども特に目立たず綺麗なままを保つ事が出来ています。

(26歳 フリーター みずきち 千葉)

name

爪でわき毛を抜きました

脇や脚の脱毛を脱毛サロンで終えていた20代の頃の話です。

サロン通いは完了していて自己処理が不要なほどきれいだったので、夏の服装には自信がありました。

暑がりなこともあり、汗をかいても拭きやすい脇が開いているトップス・脚が出るスカートを好んで着ていました。

自己処理から開放された喜びもあり、もう生えてくることは無いだろうと思い、ムダ毛チェックを怠っていました。

ある時、出掛けてからトイレでたまたま見た鏡で脇のムダ毛を発見しました。

びっくりしてよく探すと、脚にも数本生えていることが分かりました。 本当に数本ですが、結構長い毛なので目立っていました。

デート相手が気付いていたかどうかは分かりませんが、恥ずかしくてどうにかしなければと考えた結果、トイレの個室へ戻り見える範囲全てをチェックした上で、爪で全てを抜きました。

毛抜きではなく爪なので、中々毛が思うように抜けずかなりの時間がかかりましたが、絶対に抜くという気持ちで何とかしました。

それ以来、脱毛が完了した箇所でもムダ毛チェックを必ずしています。 よく観察すると、数ヶ月に数本程度生えてきていることが分かりました。

デート前にはチェックをし、更に念のため、毛抜きと顔用の小さい電気シェーバーを持ち歩くようになりました。

屋内で見逃したムダ毛を外の光で発見することもあるので、処理道具があると安心です。

(37歳 無職 なな 新潟)

name

ムダ毛を隠すことに必死だった彼氏とのデート

26歳の時に彼とデートでチューブトップ型のワンピースを来ていきました。

その頃脇の毛を脱毛サロンで手入れしてました。

前日にサロンで施術してもらったので、脇の毛の処理はせずにデートに行ったので、少しだけ伸びてるなと分かってましたが、彼からの洋服のリクエストがあったので、仕方なく着て行きました。

バレないようにカーディガンを羽織ってたので、彼にはバレることなくデートが終わろうとしていた時に、今日泊まれる?と聞かれて、どうしようと悩んだけど泊まれるけど、着替え無いから取りに帰っていい?と聞いて家の下で彼には待ってもらって、私は急いで脇の処理をしました。

慌てて処理したのでヒリヒリしましたが、荷物も持って彼にバレることなく何とか処理出来てお泊まりまで出来ました。

デート中何度か彼からカーディガン脱いだらと言われましたが、エアコンが寒いからと断ってたので、彼も不審に思ってたのかなと今は思えますが、当時は隠すことばかりに必死になっていたので、きっと変な雰囲気でのデートだったと思います。

脱毛サロンに通ってると、処理してからはその部分の手入れが出来ないので、デートする日が決まっていたら、脱毛サロンの予約を伸ばすようにしました。

(31歳 主婦 あゆ 大阪)