社会人になる前に脱毛は必須?仕事中のムダ毛失敗エピソード

社会人になる前に脱毛は必須?仕事中のムダ毛失敗エピソード
name

間接的な表現で私の腕毛を指摘した先輩

営業事務として働いており、社内の私の席の隣りには、営業職の男性の先輩(1歳年上)が座っていました。

その頃の私は、仕事のことで一杯一杯で、ムダ毛処理は、夏場に自分で脇毛処理をする程度でした。(家電量販店で4000円位で購入した脇用の脱毛器を使用していました。)

脇毛以外のムダ毛はというと、1~2週間に1回カミソリで剃るぐらいで、「私は毛深い方じゃないし、全然大丈夫!」なんて軽く考えていたんです。

しかし、そんなある日、事件が起こりました。
その日は、朝から隣りの席の先輩が元気のない様子で、私は心配の気持ちもあり、「どうしたんですか?」と尋ねました。

すると、最初は「何でもないよー。」と普通に答えてくれていた先輩でしたが、私がさらに「えー。その割には元気がないじゃないですか!」と言ってしまったせいか、突然、ビックリするようなことを語り始めました。

その先輩の話とは、「朝、電車の中で綺麗な女性がいるなと思って見ていたんだけど、腕を見たら、ムダ毛がボーボーでガッカリした。」ということでした。

私は、その場では、「えー!?そんなことあったんですか。」と笑いながら言いましたが、心の中では『これって、もしかして、さりげなく私の腕毛に対して、注意をしてくれているのでは...。あんまり突っ込んで聞きすぎたから、気を悪くさせてしまったのかな。』と思い、色々な意味で反省しました。

幸いにも、その時、他に私達の会話を聞いていた人はいなさそうだったので、周囲の反応は気にせずに済みました。

しかし、それ以降、私は脱毛サロンに通うようになり、まずは脇毛を脱毛しました。
そして、今まで脇毛処理のために割いていた時間を使って、小まめに腕毛の処理(処理方法は、相変わらずカミソリです。)をするようになりました。

これから社会人になる女性の方は、私のような失敗をしないためにも、時間のある学生のうちに、脱毛サロンに通っておくことをオススメします。

(33歳 主婦 しまうま 札幌)

name

女子力アップに指毛対策は必須だよ

22歳の頃のエピソードです。システムエンジニアとして新卒で入社し、働いていました。

ムダ毛は3日に一度、カミソリで剃って処置をしていました。腕、足、脇の3箇所の処理をしていたのですが、他にも毛は生えるんですね。

口元には薄っすらヒゲのような毛があり、指にも毛がボーボー生えていました。会社に入ると、毎日メイクをしなければなりません。

当時、特に毛の処理をせずにメイクをしていたのですが、先輩の女性社員に指摘されてしまいました。

ちゃんと毛の処理をしてからメイクをした方がノリも良くなるということで、顔の毛をシェーバーで処理するようになりました。

いろいろ無知だった自分に、教えてくれた先輩に感謝です。また、先輩は指先も綺麗で、毛など生えておらず、私もそれを見習って、暇なときに指の毛を抜くようになりました。

仕事では資料を手渡したり、モニタを指差したりするときに、手も見られていて、指の毛は意外と目立ちます。

女子力がないと思われないためにも、指先まで綺麗にしておくことが大切です。社会人になることで、メイクを始めたりして、今まで気にしていなかった部分の毛の処理も必要になってくるので、忘れずに処理してくださいね。

(29歳 SE ユキコ 東京)

name

片方忘れたワキのムダ毛処理

大学卒業し、スポーツジムで働いていたときの話です。当時のわたしは22歳でした。

スイミングのインストラクターとして働いていたのですが、 その時にやってしまった失敗があります。

当時わたしはクロールのレッスンを担当していました。レッスン中、お客さんの顔が少し変わったのです。なんだか微妙な顔をしているお客さんや、笑いをこらえているお客さん、見てはいけないようなものをみてしまったかのような顔をしているお客さんがいました。

わたしは、「あれ、わたし何か変なこと言ったかな?」と心のなかで思った程度でした。レッスンがおわり、シャワーを浴びていたときにあることに気づいたのです。

なんと脇から毛が飛び出ているではありませんか。しかも片方だけでした。そういえば、思い起こせば、その日の前の晩に脇の毛の処理をしたのですが、なんと片方しかやっていなかったのです。

両方やったと思っていたのですが、寝ぼけていたのか片方だけでした。なんとも恥ずかしい気持ちになりました。もうひとつ失敗談があります。

同僚のイケメントレーナーが事務所のパソコンで隣に座っていたときのことです。たまたま脚がぶつかったときに、ジョリっとしました。

わたしのすね毛がちょびちょびしていたのでジョリっとしたのです。とても恥ずかしかったです。

(27歳 主婦 えま 福島)

name

「先生!ワキから髪の毛が生えてる!!」

私は小学校教諭をしている32歳です。

このエピソードは、私が働いて2年目、初めての1年生を担任したときの話です。

私は普段ムダ毛の処理をカミソリのみで行っていました。

夏の薄着になる時期には毎日ムダ毛の処理を行っていたんですが、仕事の忙しさから処理を怠る日もポツポツと出てきてしまいました。

一度面倒臭くなると、まあ今日もいいや、今日も疲れたし、と一週間ほどムダ毛を処理しない日が続きました。

私がいつものように子どもたちの前で授業をしていると、1人の子が、「先生の脇から髪の毛が生えてる!!」と大きな声で言いました。

きっと初めて脇から毛が生えているところを見たのでしょう。
休み時間にも、なんで脇から毛が生えてるのか、先生の脇の髪の毛を見たいとずっと後をつけてきて恥ずかしい思いをしました。

そしてなんと次の日にはお家の人にも、私の脇から毛が生えてるということを伝えられていました。

この時は恥ずかしいというか、なんというか、本当に顔から火が出るってこういうことなんだと思い、脱毛サロンに通おうと強く思いました。

サロンに通ってからは、自己処理も簡単になり、恥ずかしい思いをすることもありませんでした。

仕事をし始めの時は疲れてなかなか自分のことに気が回らなくなります。
早めの処理が得策です。

(32歳 教諭 おは吉 愛知)

name

人と触れ合う仕事をするのであれば除毛ケアは必要らしい

わたしが23歳で就職した先は介護老人ホームでした。

老人ホームでの主な仕事は食事、排泄、入浴のお手伝いです。当時のわたしはまだ社会人になりたてだったので、お金もなく脱毛サロンに行くなどという考えもありませんでした。

なので主なムダ毛ケア方法はカミソリでの除毛です。腕や足はさほど体毛は濃くないのですが、脇はゴリゴリに太い毛が生えており、毛を剃ってもなんとなく黒さが残るのが悩みでした。

なので、老人ホームでの入浴介助が一番嫌な時間でした。半袖半ズボンになり、利用者にはかなり接近するのでムダ毛は気になります。

時には全身麻痺の肩を職員二人で介助することもありますので、ペアを組んだ職員さんが男性だともう最悪です。

ある日会社の飲み会で事件が起きました。みんなほろ酔いになったところで中年の女性職員が、他の女性職員に向かって「○○さんいっつもお風呂介助のとき腕がジョリジョリするよね。毛が濃いの!?結構痛いよ(笑)今時の子はみんなサロンとかで毛を抜くんでしょう?行って来なよ(笑)」と言ってきたのです。

女性同士なのにそんなイジリ方をみんなが居る場でしてくるなんてヒドイ!と思いましたが、確かに人と触れ合う仕事をするのであれば除毛ケアにはもう少し気を使わなくてはならないのかもと思いました。

結局その場の空気を壊す訳にもいかず、文句を言った職員にも言われた方の職員にもわたしは何も言えませんでした…。

それ以降わたしもムダ毛に対する意識が高くなり、脱色をしたり高い脱毛機器を購入したりしました。

介護のように人と触れ合うことが多い仕事をされる方はエチケットとして除毛に気を使うことをすすめます。

(25歳 介護士 恵里奈 埼玉)

name

パソコン業務は指毛が目立つ

大学を卒業してSEとして働き始めた頃、パソコン業務を行っていたときに自分の「指毛」が目立ってとても恥ずかしい思いをしました。

なぜか二十歳くらいになったころから体毛が濃くなってしまい、腕やわきといった箇所はこまめにケアをしていたのですが、指の毛までは気が回りませんでした。

当時カッコいい上司にいろいろと教えてもらっていたのですが、パソコン作業を教えてもらうときに自分の指毛が気になって仕方なかったのを覚えています。

男性の指毛はたいして気になりませんが、キーボードをたたく自分の指の毛が目だって本当に嫌でした。

その日から慌ててカミソリで指のムダ毛も剃るようにしていましたが、すぐ生えてきて困っていました。そこで働き始めてある程度貯金ができた頃に、腕を中心に永久脱毛を行いました。

サロンではなく美容外科で行ったので、痛みは少々強かったです。でも永久脱毛をして10年以上経過していますが、脱毛をしたあとはほとんど生えてきていません。

とくに両わきは念入りにやってもらったので、いまでも自己処理をする必要はありません。気になる指ですが、そのときに行った永久脱毛が良くていまでは堂々とパソコンを打つことができます。

(42歳 SE みゆき 東京)