女友達・憧れの先輩・ライバル…女性のムダ毛を目撃しちゃった体験談

name

友達のワキ毛にヒヤヒヤ

あれは、20歳の夏。彼女とは、専門学校時代の友人でした。毎年、専門学校の仲良しグループで夏はどこか海への小旅行を楽しんでいました。

それはもう、若いわたし達はその小旅行が楽しくて楽しくて。日中は海へ!そして、近くの旅館をとって食事や、温泉を楽しんだ後は、夜のビーチへ戻って花火を楽しみました。そりゃもう、何度も言いますが若いわたし達だったので、夜ビーチで花火をしていたら若い男の子達に声を掛けられ、一緒に花火をしたのです。

そんな時です。タンクトップを着ていた友人に目をやると、脇に無数の可愛い毛達が!!!もう、目が点でした!彼女は、彼氏もいましたし、普段から男前なところはありましたが、お洒落だったからです。おどろきを超え、なんだか、周りにバレないかソワソワしました。だって、男の子達もいるし。

それからは、彼女が花火を高く上げて手を万歳するたび、不意に手をあげるたび、何故かわたしがソワソワ…でも、全く周囲には気付かれずその場をおえました。もちろん、次の日も彼女の脇には無数の可愛い脇毛ははえていましたが、伝える勇気もなく。きっと周囲にも気づかれることなく、終わりました。

「バレなくて良かった…」と何故か達成感がありました。その後、わたし達も母となり、露出も減りましたので脇をみることもなくなりましたが、彼女とは、今でもいいお友達です。彼女と過ごした夏の思い出は、脇毛も含めてわたしの宝物ですね。

(31歳 主婦 みゃんこ 広島)

name

残念な美人

大学3年生の頃、バイト先のとても綺麗な先輩と私と私の友達の数人で海水浴場まで遊びに行った時のことでした。すごく美人な先輩でモデルのような見た目をしていて、通ってる大学も偏差値が高くて頭も良いし、バイト先で仕事もできるしみんなから頼られる憧れの先輩です。

海水浴場について、みんな着替えると先輩はビキニを着ていました。それから軽く運動をしてから、いざ海へ入ろうとしたときのことです。私の友達から声をかけられて、小声で言われて気づきました。先輩のビキニから下の毛が思いっきりはみ出ていたんです。

それはもうフサフサでここまで出てたらさすがに本人も気づくのでは?というくらいはみ出てて、みんなもう視線が集中してしまっていました。しかもさらにびっくりしたのが、なんとワキ毛もフサフサだったことです。ちょこっと生えてて処理漏れかな?というレベルではなく一切手入れしてないような感じでした。

腕や足はツルツルなのに、なぜ?とみんな疑問に思っていましたが誰も伝えることができずその日は少し気まずい気持ちで黙ったまま遊ぶことに。それ以降、先輩を見る目が少し変わりました。残念な美人、と呼ばれたり。私もそのズボラなところは少し引いてしまいました。

(26歳 OL 山口 福岡)

name

指毛って意外と目立つもの

これはわたしが20代前半の頃のエピソードです。会社の先輩が、婚約!!!仲のいい女性グループはお祝いムード一色!!!

当然、後輩のわたしも「おめでとうございます~~~!!!」と大興奮。まだまだ結婚に素敵なゴールという夢を見ていたため、先輩の「結婚までの道のり」の話を聞くだけでうきうき。憧れや羨望も加わり、休み時間には積極的に先輩の婚約話をねだっていました。

ところで、わたしが当時勤めていた職場は、仕事上アクセサリー禁止。当然、指輪を先輩が付けてくることはそれまでありませんでした。けれどわたしがあまりにも、「婚約指輪ってどこにするんですか?」「(大きな)ダイヤモンドがついているでしょう?」、更に「どうやら結婚指輪とデザインをあわせることにより、重ねてつけることも可能」だという情報を基に、結婚情報誌の指輪コーナーを見ては、興味津々に聞くため、先輩が就業時間外にと指輪をはめてきてくれました。

会社のロッカールームでそれを見て、わたしもとても素敵なそれに更に大興奮。憧れを込めて、指にはめたそれをじっくりと間近に見せていただきました。

しかし。とても素敵な先輩だったのですが、なんと指毛が…。白い指に、産毛とはいえ、ふさふさのそれはとても目立っていて…。じっくりを指輪を見るために下を向いていたため、なんと先輩のミュールから覗く足の親指にも同じようなふさふさに気付く始末…。

「あ!」と思いましたが、もちろん沈黙を保ちました。だって、自分もそんな場所の無駄毛なんて気にしたことがなかったのですから…。けれど傍にいた少し年配の既婚女性が、「結婚式の時は、指の産毛も剃らなきゃだめだからね!」とわたしの気も知らず、爆弾一言!!

先輩は「あ!」といった後、指に注目して、照れ臭そうに笑いました。その後、先輩も同じように「意外と指毛ってみちゃうみたいよ」と、わたしに指摘してくださることが何度かありました。勿論、仲のいい後輩に、こっそりと悪戯っぽくです。

若い頃のとてもいい(?)思い出です。けれど、先輩とは「腕の毛よりもなんだか恥ずかしいね」といいあったほどには恥ずかしい毛にまつわるエピソードです。

(39歳 主婦 あかねち 中国地方)

name

チアリーディング部の練習中

13歳くらいの頃にクラスで比較的可愛いとされモテていたチアリーディング部の子がコスチュームで柔軟体操をしている時にアンダーヘアーがかなりの量飛び出ていました。

私も同じ部活で彼女の柔軟体操の手伝いをしている時の事。I字開脚が出来るくらい身体を柔らかくするために脚を上に上げて押す手伝いをしていたところ、たまたま地面に目をやるときに見てしまいました。

私と彼女の背格好が似ていたせいか彼女のファンから本人と間違われたり、彼女の見た目は好きだけど性格が好みじゃない。と思っている男の子から好意を抱かれたりしていて、私も彼女と同じくらい目立っていたので彼女からは敵対心を剥き出しにされていて、表面上は同じ部活の仲間。でも裏では変な噂を流されたりと嫌がらせを受けていました。

その為、ムダ毛を確認した時は「とてもいい様だ。」と思ったのと同時にその場に男の子がいれば言いふらしたい衝動に駆られました。残念ながらその場には部活の女の子達しかいなかったので仲の良かった他の子にアイコンタクトで相談し、黙っていることにしました。

後から他の子に話すと、皆気付いていたようで必死に見ないようにしていたとのことでした。その後、色々な事情から私が部活を辞め、彼女とは疎遠になりましたが、文化祭等で発表中の彼女を見るととても気になってしまい、それでもまたでてた場合を考えると確認しない方がいいだろうと少し頭を悩ませました。

(27歳 主婦 hanana 横浜)

name

可愛い子のワキ毛、きまずい

これは今20代後半の私が高校生だった頃のお話です。体育の授業中の出来事でした。

暑い季節で半袖の体操着を肩まで捲り上げてる子が多くいて、そのまま体育の授業をしていました。ある女の子がふと両腕を広げ上げた時に脇毛が生えてるのが見えてしまいその瞬間私はとっさに目をそらしてしまいました。

その時は見てはいけないものを見てしまったと感じ何事もなかったかのような振る舞いをしました。なぜなら特別仲のいいわけでもなくむしろあまり喋らないクラスメイトだったため笑い飛ばす勇気もなく見て見ぬ振りをしてしまいました。

その子は私が脇毛を見たか気づいてるか曖昧なところですが、私的には気づいてないと思います。高校生の頃はデリケートで私自身も脇毛見えたらどうしようとか思っていたこと多かったので同じ気持ちの子はたくさんいると思います。

脇毛が見えたら笑い飛ばしてほしい子がいる反面そっとしておいてほしい子もいると思います。私はその子がそっとしておいてほしいタイプの子だと思っていたので尚更言えなかったです。

その子との関係は脇毛を見てしまう前と後では特に変化はありません。私も脇毛が見えたことを仲のいい子に話したりすることもせず自分の心の中にしまっておいたままです。可愛くておっとりした子だったので正直びっくりしましたがやはりみんな生えるものは生えるんだなと安心した気持ちもありました。

今は脱毛とかしてる子がたくさんいるのでこのようなシチュエーションはあまりないかもですが、私が高校生の頃は脱毛始めてる子がそんないなくてまだ自分で自己処理の子が多かったのです。それがゆえのエピソードとだと思っています。

(25歳 事務員 まゆ 新潟)

name

ムダ毛にお互い大笑い

大学時代に、当時の知り合いの中ではダントツで美人で頭のいい、でもちょっと性格に難ありの友達とホテルのプールに行く機会がありました。

前々から計画していたことではなくて、話の流れで急に思い立って行く事になったので、ホテルのプールだなんて、なんだか大人になったような気がして、とてもうきうきしていました。

更衣室で着替えて、それぞれプールサイドに出てきたときのこと、なんとその彼女のすね毛が真っ黒だったのです。白くすらっと伸びる長い脚に、長いすね毛。びっくりしました。彼女でも、こんなにすね毛があるのかと。

彼女はそんな私の視線に気づいたのか、「処理するのすっかり忘れてた」と。私もすぐに笑ってフォローすれば良かったものの、あまりに彼女の容姿と不釣合いで驚いてしまって言葉がでませんでした。こんなに放っておくなんて、結構ずぼらなのか、それとも伸びるのが早いのか、自分のことは棚に上げて、どうでもいい考えが私の中で渦巻いていました。

でも、その時私も気づいてしまったのです。実は私もワキのムダ毛を処理していなかったことを。

2人で早々にプールの中に入ってから、私は白状しました。「私もワキが…」と。2人で大笑いして、プールサイドにはあがらず、長い時間プールに入りっぱなしだったことを覚えています。大人体験と思って行った、初ホテルプールでの思い出です。

(41歳 主婦 ししまる 海外)