ムダ毛がきっかけで彼氏とケンカしたエピソード

name

「女じゃねー!」

ムダ毛はコンプレックスに思うほど、毛が濃いタイプです。ムダ毛を気にし始めたのは小学校低学年の頃ですからかなり早くから気にしていました。

でも、肌が弱かったため、なるべく目につかないところは処理を控えていました。ちなみにすね毛は正直、男性並みに生えてきます…。

高校生の頃の話ですが、ルーズソックスが流行り、ひざ下をムダ毛処理していませんでした。人前でルーズソックスを脱ぐなんて思っていなかったからです。

ところがある日の学校帰り、午前授業だったので友人カップルと私たちカップルで海に行くことに。海に着き、ルーズソックスを脱いだ瞬間彼と友人カップルの視線が…。かたまりました。

今ならまだ、笑って対応できるんだと思いますが、「忘れてた…。」としか言えなく、女友達が必死のフォローをしてくれましたが、彼は幻滅。態度が冷たくなり、「女じゃねぇー!」と怒り半分に言われてしまいました。

「普通、見えないだろうが処理するんじゃねぇの!」と言われ、私もカチンときてしまいました。別れるとまでにはいきませんでしたが、学校でも靴下を脱ぐシチュエーションになるたびに大丈夫か確認され、処理していなかったことに相当、幻滅させてしまったようでした。

(39歳 無職 マイカ)

name

ムダ毛処理を忘れてケンカ

相手は大学の頃から付き合っている彼氏で、今年で付き合って5年4ヶ月になります。ケンカになったのは大学2年生の夏頃だったと思います。

夏になって薄着が増えてきて、その頃、私は脱毛サロンなどに通っていなかったため、毛の処理は自己処理でした。

そんなある日、私がたまたま毛の処理を忘れてしまって学校に行き、彼に会うと「毛がチカチカしてる!剃ってこなかったでしょ!」と言いながら私の腕をスリスリしてきて、剃るのを忘れていた私をいじってきました。

もちろん彼も私も初めは軽い気持ちでふざけていたのですが、あまりにも彼氏がしつこく私の腕をスリスリしてくるので少しずつイライラし始めてしまい、最終的には「しつこいな!」とプチ喧嘩になってしまいました。

彼からしてみれば「ちょっとふざけてただけなのに」という気持ちだったかと思いますが、私はそれが我慢なりませんでした。こんなくだらないことで喧嘩をしてしまい、彼と私の共通の友だちにも「くだらなすぎる(笑)」と笑われてしましました。

なかなか仲直りができずでしたが、よくよく考えたら本当にくだらなすぎたのでお互い折れて仲直りすることができました。そのことがあったから、大学3年生の夏、脱毛するお金も貯まったので、脱毛を始めました。それ以降彼氏は毛に関していじることもなくなり仲良く今も付き合うことができています!

(24歳 保育士 きこ)

name

ムダ毛処理に時間がかかって…

ムダ毛処理がきっかけで彼氏と喧嘩しました。

当時21歳だった私は、サロンや美容外科で脱毛しようか考えるものの、金銭面や仕事の都合で動き出せずにいました。でもシェーバーやカミソリでは肌が傷つき肌荒れがあり、素肌を見せるにも剃り残しや生えてきたムダ毛も気になって、彼氏に見られたり触られたりするのに抵抗感がありました。

デートで一緒にいる時、彼氏にも触られたくない気持ちが何となく伝わっていたと思います。

そんな中、私の家でのんびりしてからいざ出かけようとなった時、どうしてもムダ毛が気になったので、出かける前にシャワーを浴びてカミソリで処理したところ、「準備に時間がかかりすぎ」と彼氏に言われてしまいました。女性なら分かるかと思いますが、全身を傷つけずに丁寧にシェービングすると、それだけで30分くらいかかるんですよね。

その時も、もちろん急いでいたので体感時間はそんなに待たせた印象がなかったのですが、男性はシャワーに5〜10分くらいしか時間をとらないので、それに比べると当時の彼氏はとても長く待たされたと感じたようです。かと言って、処理を怠るとムダ毛が目立ってしまいますし、触り心地もジョリジョリします。

言われた事をきっかけに処理する面倒とお金を天秤にかけた結果、脱毛する決意をしました。

(25歳 会社員 美肌になりたい)

name

ムダ毛の文句を言われ放題

男性は「女性は毛が生えない天使」のような印象を持ちすぎです。

彼と付き合い当初は毛の処理もきちんと心がけていたのでムダ毛処理をしていましたが、毎日のように毛の処理をしていると、毛も濃くなり、毛穴も黒ずみが目立ってしまい自分自身としては、かなりの悩みになっていました。

ちょうどその頃周りの友人が脱毛サロンに通い出したことをきっかけに私も通うことにしました。脱毛サロンに通ってからはあまり自分で処理しないようにしたかったので、彼には申し訳ないですが、毛の処理を怠るようになりました。

事情も話しはしましたが、やはり納得はしてくれず「女としてありえない」と暴言の嵐。体の関係も「やる気にならない」、「触る気にならない」と言われ放題でした。

顔を合わせば喧嘩の毎日で、段々こちらも気持ちが冷めました。「毛の生えてない女性のところへ行けば良いのに」とまで思いました。その後は私の方が気持ちが冷めきり別れることになりましたが、別れるころには脱毛も終わり毛の処理がいらないようになっていたので、気持ちが倍にすっきりしました。

ムダ毛のあるなしで恋愛はしたくなかったので、別れのきっかけがもてたことに感謝してます。

(32歳 事務職 DK)

name

かぶれて真っ赤なのに文句ばかり!

当時付き合っていた彼はモデルのような女性がタイプでした。

私は毛深い方ではなかったので、自分でカミソリで剃る程度しか処理していませんでした。

でもある日、彼が私の背中の毛が気になると言い出して、「俺が剃る!」と私の背中の毛を剃りました。すると私の背中はかぶれて真っ赤に。私はもう剃るのは嫌だと言いました。

すると背中の毛がある女とはヤりたくないと言いだしたので大ゲンカ。私の背中はかぶれているのに謝りもしません。

そのケンカはすぐ収まったのですが、しばらくするとアンダーヘアの処理に対して文句を言われました。私はアンダーヘアの処理もした事がなかったのでどうすればいいかも分からないし、そのままにしておきました。するともちろん文句を言われて、しまいには「女として終わってる」、「毛深い女とはヤりたくない」と言われたので、私は「じゃあそういう人とヤれば?わたしはもう無理。」と言って別れました。

後から知り合いに聞いたらその時、脱毛しているキレイな人と浮気していたそうで…さっさと別れて正解でした。ヤれるヤれないで人を見るなんて最低ですね。

私はその後も脱毛に通う事もなく、何も言わない男性と結婚しました。その時の彼も結婚したみたいなのですが離婚したようでいい気味です。

(33歳 パート びんちゅろ)

name

「なんかチクチクする」

わたしは元々毛深く、肌も色白なためにどうしても体毛が目立ってしまうタイプ。そしてそれをとても気にしていました。

その当時、常にムダ毛処理はしていましたし、やり過ぎて血が出ることもあるくらいでした。それでも剃って数日するとちくちくと生えてきていました。

ある夏、付き合っていた男性に「お前の腕、なんかちくちくするな」と言われてしまいました。

夏は普段よりも更に気を遣って処理をしていましたが、半袖を着ていたために腕が触れ合ったのでしょう。正直、言われた時は本当に顔から火が出るくらい恥ずかしかったです。まさか男性に、しかも付き合っている人に言われたなんて最悪。恥ずかしいし泣きそうでした。

当時学生だったため、お金がなくサロンなどに通うことはできませんでした。できることは、カミソリで自分で処理をすることだけでした。金銭的にしょうがなかったとは言え、おかげで肌は傷が付くし毛自体も太くなってしまったように思います。彼にそのセリフを言われたことによって更に気にするようになり、現在は除毛クリームを使用しています。処理を疎かにすると恥ずかしい思いをする、良い教訓です。

(28歳 主婦 もちこ)